経鼻内視鏡検査(鼻から胃カメラ)|消化器内科の専門医、藤吉内科消化器科医院

アトピー、花粉症、ぜんそくなどのアレルギーと呼吸器疾患を西洋薬と漢方薬で効果をあげています。

  トップページ  >> 消化器科  >>  胃カメラ(内視鏡検査/経鼻内視鏡検査)

所在地

医療法人 朋仁会
藤吉内科消化器科医院
住所:〒830-0070
福岡県久留米市大善寺南1-14-1
TEL:0942-51-3007
FAX:0942-51-3067
最寄り駅:西鉄大善寺駅
   徒歩0.5分

駐車場完備 15台

診療科目 消化器科胃腸科 アレルギー 内科小児科生活習慣病 漢方診療 在宅医療 在宅医療、訪問診療 在宅医療、往診 漢方のよくある質問

胃カメラ(内視鏡検査)/鼻から胃カメラ(経鼻内視鏡検査)

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)とは

 内視鏡検査は、外からは見ることができない体の中の様子を、内視鏡の先端部に搭載された小型撮影装置を介してモニターに映し出すことで、医師が直接目で見ることができる検査です。
 病気が見つかると組織を採取して検査したり(病理検査)、病気によっては内視鏡を使って治療をすることも可能です。最新の機器は非常にきれいな画像で観察することができるようになりましたので、特に胃がんなどは以前より早期に発見することができるようになり、胃がんで死亡される人は減ってきています。

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)で検査できるもの

 食道、胃、十二指腸はもっとも内視鏡検査が行われる部位で下記の判断に役立ちます。

食堂 食道がん、逆流性食道炎、ポリープ、食道静脈瘤(じょうみゃくりゅう)など
胃がん、胃炎、胃潰瘍、ポリープなど
十二指腸 十二指腸がん、十二指腸潰瘍、ポリープなど

経鼻内視鏡(鼻から胃カメラ)

 嘔吐反射がきつい方には、経鼻内視鏡があります。経口内視鏡に比べてスコープが舌根部に触れないため、吐き気や息苦しさが少ない利点があります。スコープが約5mmと細いこともあわせて、苦しくない検査をうけることができます。
 また検査が楽なだけではなく嘔吐反射が少なくなり、また径が極細ですので挿入もあまり気にならないことが多いようです。
 当院では、鼻から入れる経鼻内視鏡の設備があります。
 ※日本消化器内視鏡学会専門医です。

ページのトップに戻る